閉経前の症状は何ですか?

更年期障害は、成人女性の生活の中で前後に特徴があります。 しかし、この時期になる前に、 閉経前という前段階があります。 症状を知りたいですか? この変化の時代についてのすべてを発見するように私たちはあなたに勧めます。

閉経前とは何ですか?

最終的な更年期障害の前の段階は、更年期障害と呼ばれます。

閉経前とは、(その名前が示すように) 閉経が起こる前段階のことです。 この年齢因子は各女性の身体的および遺伝的状態に依存するが、通常40〜50歳の間に起こる。

この前の段階では、卵巣のエストロゲン産生が少なくなりますが、最終的な更年期に達することはありません 。 この時期に閉経期の到来を示すいくつかのホルモン的および生物学的症状が現れ始める。

その症状は何ですか?

不眠症、疲労感、めまい、性格の不安定さなどがその症状の一部です。

症状が深刻な問題を引き起こさないのであれば、治療は必要ありません。 そうでなければ、あなたは医者に行くべきです。

閉経前段階で最も頻繁に見られるものは以下の通りです:

  • 月経周期の不規則性 過度の出血または少なすぎる出血、規則の持続期間の延長、またはその短縮。
  • 月経前症候群の増加
  • 乳房胸の痛み、腫れ、不快感。
  • 腹部膨満
  • キャラクターの不安定性
  • 眠りに落ちる問題と過敏性。
  • 頻繁な筋肉痛および関節痛。
  • 疲労と疲労
  • 頻繁な頭痛やめまい
  • ほてり
  • 豊富な頸管粘液。
  • 膣の乾燥
  • うつ病または不安症状
  • 時々悪心が起こるかもしれません。
  • 消化器系の問題と便秘。
  • 動悸が増える。
  • 排尿困難や排尿障害。
  • 性欲および性欲の減少
  • 頭皮の脱毛と乾燥。
  • 体重増加
  • コレステロールの増加
  • 骨粗鬆症
  • 集中力と記憶喪失の欠如。

症状を軽減するには?

専門家は、バランスの取れた食事、運動、そしてストレスを軽減して症状を緩和することを勧めます。 彼らはまた自然にエストロゲンレベルのバランスをとるいくつかの天然ハーブの特性を指摘しています。 これは高麗人参、大豆イソフラボン、バレリアン根、ドンカイの場合です。