一週間に何個の卵を食べることができますか?

は世界的に存在する最も有益な食品の一つです。 しかし、卵を過剰に摂取すると黄疸などの病気になる可能性があるなど、それらを中心に展開する多くの神話があります。 しかし、現実からそれ以上のことはあり得ない、それは卵を食べることが健康のためによく見られなかった昨年のものでした。

彼らは地中海の食事療法の一部であり、非常に健康的であるため、今日、その利点を賞賛する多くの専門家がいます。

卵の組成

卵の組成の75%が水であり、それらのそれぞれが生物に約140キロカロリーを貢献しています。 これはバナナやリンゴなどの特定の果物によって提供されるおおよその量です。 しかし、卵と違って糖分を与えないので、糖尿病のリスクを高めることはありません。

さらに、 卵は非常に低い脂肪分を持っています。 代わりに、それらはたんぱく質が豊富で、特にビタミンAとグループBで非常に興味深いビタミン摂取量を持っています:彼らはまた、体の適切な機能のために必須栄養素が豊富です:鉄、カリウム、リン、マグネシウムまたは亜鉛。

卵は何個消費できますか?

この食品の高い生物学的価値を考慮に入れると、1日あたり、1週間あたり、必要なだけ卵を消費することができます。 理想的な量は一日一卵です。 しかし、卵には特定のビタミンが含まれていないため、卵が完全な食事の代わりになることは決してないことに注意してください。

彼らはまた、腸内輸送に不可欠な植物繊維を提供しません。 したがって、毎日の卵の消費は危険ではありませんが、その過剰はバランスの取れた食事をとるために栄養学的観点から助けにはならない。

卵の状態が良いかどうかを知る方法は?

  • 最初のステップは卵を水とともに透明な容器に入れることです。 卵が導入されると、さまざまな結果を観察できます。
  • 卵は素早く沈み、底に水平に置かれます。卵は新鮮です。
  • 卵は多かれ少なかれゆっくり沈み、底に傾いたままになったままになります。卵は新鮮ではありませんが、消費することができます。
  • 卵が下に向かって終わっていない:卵の調子が悪い。
  • 卵は表面に浮いたままです:それは完全に腐っています。 この浮遊は、有機物が分解するときに発生するガスによって引き起こされます。