和紙テープを使った工芸品の作り方

和紙テープはより切望された工芸品を作るための作品の一つです。 簡単に貼り付けるこのカラフルなリボンで、私たちは本物の芸術作品を作ることができるでしょう。 違いを生むアイデアを見つけることは、この原材料をハッピーエンドにするでしょう。 色の愛好家やプリントの組み合わせはこの東洋風のテクニックを大いに楽しむでしょう。 日本人は、このタイプのテープを千の不思議に据え付け、そしてその厳格な装飾と組み合わせることができるファッショナブルなものにしました。 このタイプの工芸品をあえて、和紙テープはすぐにあなたの心を征服するでしょう。

和紙テープで工芸をするステップ

  1. 白い壁が生きてくることができます 。 和紙テープのテープは、単純な白い壁に命を吹き込むことができます。 楽しいタッチで子供や大人の寝室は私たちが違いを生むのに役立ちます。 この工芸品は同じサイズのテープを切るのと同じくらい簡単です。 単純なパターンに従ってそれらを壁に配置します。 この日本風アートには、かなりの精度が必要です。 定規を使用してグリッドを作成し、四角形の一部にのみリボンを配置することができます。 結果は本当に素晴らしいです。
  2. 和紙テープで囲まれたいくつかの窓 。 このタイプのテープはどの面にも貼り付けることができます。 私たちが主人公になりたいと思っているその窓を目覚めさせたいならば、私たちは最も好きなテープでそれを囲むことができます。 前のマニュアルと同じように、このテクニックの秘訣は色と質感の組み合わせにあるでしょう。それは日常の物を見る新しい方法を可能にするでしょう。 色とパターンのフレームは、ウィンドウの外観を完全に変えることができます。

  3. ガラス瓶を正確な花瓶に変えます。 私たちはガラス瓶に命を吹き込むつもりです。 和紙テープの助けを借りて、私たちはそれをカバーするつもりです。 最も適切な部分を切り取り、一番下からボトルの各行に配置します。 色のこれらの円は、それがはるかに美しい仕上がりになるように交互にすることができます。 最後に、私たちはカラフルで独創的な花瓶になるだろうパーソナライズされたボトルを持つことになります。
  4. 錫ベースのペンが私たちのオフィスを飾ります。 いくつかの食品缶は楽しい鉛筆になることができます。 私達はテープを選び、私達が非常によくきれいになることができる缶を並べ始めます。 プロセスの終わりに、私たちは素晴らしい机のための装飾品を手にすることになります。

これらのアイデアに注目して、本物の中毒になる芸術を始めてください、和紙テープは等しい部分で想像力と創造性を目覚めさせることができます。